新聞がはっきり見えなくなってきた・・・・・メールの文字が見えにくいなどなど、自分の視力に自信がなくなってはきていませんか?
多くの方は、ブルーベリーやビルベリーなどを思い出すと思います。

ブルーベリーやビルベリーには多くの「アントシアニン」が含まれています。でも、大量に摂取したからって、今すぐ視力が良くなったり、目の疲れがとれたりするってことはなさそうです。アントシアニンの副作用について調べてみました。

アントシアニンの摂取量について!常識的な量なら大丈夫。

アントシアニンを摂るには、サプリメントかブルーベリーなどのアントシアニンを含んでいるものを食べなくてはいけません。
良くジャムなどで食べれば食べやすいといいますよね?

生のブルーベリーからアントシアニンを摂るには、60~300g必要だとされています。

この量は両手で持てないくらいの量です。

かなりの量ですが、アントシアニンは50~90mgくらいだと言われています。なので、サプリメントの方が摂りやすいと思います。
1日50~90mg摂れるサプリメントを探しましょう。ちなみにビルベリー含有量が200㎎だったとしても、アントシアニンの量が200㎎というわけではないようです。

アントシアニンの副作用は?ごくまれに起こるとしたら・・

日本ではあまりイメージがありませんが、実はアントシアニンは海外では医薬品とされているんです。

ブルーベリーのように、自然の食べ物に含まれている成分には副作用がないと言われています。かな~りの大量摂取をしなければ、副作用の心配はないでしょう。
大量摂取をしてしまった場合は、まれに胃が痛くなったり、肌荒れしたりすることがあるみたいです。

最後に

目の疲れは、本当にブルーになります。疲れがなかなか取れないような感じがしますし・・。

アントシアニンを毎日決まった量を摂取して、飲むのを継続することが大切だと思います。目の健康を維持するために、アントシアニンサプリメントやブルーベリーなどを正しく摂取していきましょう。