仕事などで目がかなり疲れている、加齢などで視力がどんどん落ちてきた、疲れるようになってきた・・・・・などなど目が疲れてしまう方が多いと思います。

目が疲れたら、視力が落ちるのを遅くしたい、予防したいなどと考えると、頭に浮かぶのは「アントシアニン」などのサプリメントではないでしょうか?でも、アントシアニンが目にいいとなんとなくわかるのですが、どういったメカニズムで目に効果を発揮するのでしょうか?

アントシアニンサプリが疲れ目に効果的なそのワケとは!?

ブルーベリーやビルベリーなどに含まれている「アントシアニン」ですが、目に効果を発揮するメカニズムは意外と知らない方が多いと思います。
なんとなく、「目にいいんじゃない?」くらいではないでしょうか?

年齢を重ねると、今まで視力に自信があった方でも「あれ?なんだか見えなくなってきたな・・・・・」なんてことがあると思います。アントシアニンは、私たちの体に害のある「活性酸素」の働きを抑制してくれたり、緑内障や白内障などの目の病気の予防になる成分であることが知られているんです。

アントシアニンは、他の栄養素と同じように胃から腸に行き、腸で吸収され、血液によって体全体に運ばれていきます。
血液にのって、2時間くらい体全体を巡ります。

血液にのって、目にたどり着いたアントシアニンは、ロドプシンという物質の再合成を助けるので、目に効果を発揮するようです。あとは、24時間くらいで体の外へ排出されます。
なので、毎日決まった量を摂取することによって、目に効果を発揮するようです。

アントシアニンが、目に効果を発揮するメカニズムがなんとなくわかりましたか?現代人は、すっごく忙しい方が多いです。アントシアニンをじょうずに毎日摂って、目の疲れや視力低下を予防してみましょう。

≫アントシアニンサプリの効果は!?アンチサプリ派の私が飲んでみた結果・・。